レーザー脱毛 黒ずみ

「レーザー脱毛で黒ずみが消える」はウソ?!レーザー脱毛と黒ずみの関係

黒ずみは何故起こる?

レーザー脱毛で黒ずみが消える消えないの話をする前に、「なぜ黒ずみが出来るか」を
勉強しなければなりません。

 

黒ずみは、毛抜きやカミソリで無駄毛を処理することによって起こります。
毛抜きやカミソリによる処理は、どうしても肌をいためます。
痛んだ肌は、「このままの柔らかい肌ではいけない、ダメージを少なくする為に肌を強くしなきゃ」
と動き始めます。
その結果、メラニンが発生し、肌を「丈夫に」していくのです。黒い色素は、その際に出る分泌物ともいえるでしょう。

 

これは日焼けのメカニズムと一緒です。
つまり黒ずみは、体の防衛本能の一種なのです。

 

永久脱毛なら【今だけ】3回で実感医療レーザー脱毛!2,100円 5ヵ所から選べる魅せ肌脱毛

レーザー脱毛=黒ずみが消える、は間違い。その思い違いはここから来ている

しかしレーザー脱毛をしても、黒ずみが消える訳ではありません。
レーザー脱毛の光は黒い色素に「ダメージを」与えて毛を抜くものですので、寧ろ過度な日焼け肌などには投射ができないのです。
(自己処理のときにできた黒ずみ程度なら問題はないのですが)

 

では何故、「レーザー脱毛を受けたら黒ずみが消えた」という誤解が起きたのでしょうか?

 

レーザー脱毛を受け始めると、自己処理の必要はなくなります。
そうすると今まで肌に与えていた、毛抜きやカミソリによるダメージがなくなります。
結果として新しい黒ずみができず、時間経過とともに黒ずみが消えていくのです。

 

このため、「レーザー脱毛を受けたら黒ずみが消えた」と認識される事が多いのでしょう。

 

レーザー脱毛それそのものには、黒ずみを消す効果はありません。
しかし、肌にダメージを与える自己処理方法から解放される事で、
結果的に黒ずみから解放されるという福音はあります。

 

お得なキャンペーン【今だけ】3回で実感医療レーザー脱毛!2,100円 5ヵ所から選べる魅せ肌脱毛