芸能人 脱毛

芸能人の脱毛を考える

芸能人の無駄毛処理事情

統計としてあがってきているわけではないため、あくまで体感になりますが、やっぱり芸能人の方が、私たち一般の人間と比べて、「脱毛」という方法を選んでいるように思えます。特にモデルさんや女優さんの場合、「美しくあること」がそのまま「仕事」なわけです。自己処理による赤いポツポツや肌荒れがあったら、お仕事になりませんよね。実際、何だったかの水着のファッション雑誌で、モデルさんの肌にそういう跡が残っていて、ゲンメツした覚えがあります。
特に水着などですと処理が必須です。VIOゾーンは自己処理は難しく、また荒れやすいので、ほとんどのケースで、脱毛の専門施設に通っていると考えてよいでしょう。

広告塔としての「脱毛」

芸能人がエステサロンなどで脱毛すると、それがそのままそのエステサロンの「宣伝」にもなります。そのため、エステの中には、「ここで脱毛しました」ということを宣伝する見返りとして、大幅な優遇をするところも少なくありません。このような観点から、「ウチのサロンは芸能人の○○が使った」「○○店では女優の××さんに施術をしました」「何人ものモデルさんに愛用してもらっています」という広告が、宣伝として載るわけです。実際それをみて、「憧れのモデルさんが行っているからここにしよう」「いろいろ選べる中で芸能人がここを選んでいるということは、やっぱりいいサロンなのだろう」と、そこを選ぶ人もたくさんいます。