敏感肌 レーザー脱毛

敏感肌=脱毛が受けられない、は間違い!デリケートな肌の人にこそ、レーザー脱毛を

敏感肌でも大丈夫!レーザー脱毛の原理

「肌が弱いから…」
「敏感肌だから…」
「化粧品でもあれちゃって…」
「すぐにかぶれてしまう…」
「毛穴がボコボコになっていて、肌もボロボロだから…」
そんな理由で脱毛をあきらめていませんか?

 

レーザー脱毛や光脱毛に、「敏感肌」は関係ありません。その理由をお教えします。

 

レーザー脱毛の仕組みとは

 

レーザー脱毛の光は、黒い色素にのみ反応する光を用いています。
その為、黄色人種である日本人がこの光を照射されても、肌には何の影響もないのです。
「レーザー脱毛は、色素の薄い産毛には効果がない」ということが、ちょっと逆説的な言い方になりますが、この説明の傍証になっています。

 

どれだけ肌が弱くても、レーザーが反応するのは、育った毛に対してだけ。
そう考えれば、敏感肌の人の恐怖心も解消されるのではないでしょうか。

 

むしろ、カミソリや毛抜きによる自己処理をしなくて良い分、肌の調子がよくなった、という人もいるほどです。
剃る、抜くといった方法では、どうしても肌にダメージがいきます。
レーザー脱毛ならば、無駄毛に対してのみの作用になるので、こういった心配はいりません。

 

永久脱毛なら【今だけ】3回で実感医療レーザー脱毛!2,100円 5ヵ所から選べる魅せ肌脱毛

アレルギー持ちの人は医師の診断を仰ぎ、照射テストを

アレルギー持ちの人であっても、基本的には大丈夫です。
しかし日光アレルギーの人の場合は、念のため照射テストをうけましょう。
レーザー脱毛に使う光は、日光アレルギーでも問題ないはずですが、アレルギーが出てからでは遅いですからね。

 

またその他、大豆アレルギーやパイナップルアレルギーを持っている人も、事前に告知しましょう。
ローションやクリームにその成分が含まれている可能性があります。

 

お得なキャンペーン【今だけ】3回で実感医療レーザー脱毛!2,100円 5ヵ所から選べる魅せ肌脱毛